RouterBoard

【RouterBoard】transix(DS-Lite)接続の設定方法

ここでは、Mikrotikルータで、NTTフレッツ光の「インターネット(IPv6 IPoE)接続」に対応した、「transix(トランジックス)」サービス(DS-Lite方式)の設定方法をご紹介します。
※transix(トランジックス)はインターネットマルチフィード株式会社が提供しているサービスです。
※接続にはtransix(トランジックス)サービス提供事業者と契約が必要です。

①IPv6の有効化
Mikrotikルータは標準で、IPv6が有効になっていませんので、Sytem – Packagesより「ipv6」を開き、有効(Enabled)にします。
有効にしたら、ルータを再起動します。

②LAN内のIPv6の有効化
①のIPv6有効化だけでは、LAN内のIPv6接続が有効になりませんので、有効化します。

/ipv6 settings
set accept-redirects=no accept-router-advertisements=yes

③IPv6アドレスの確認
以下のコマンドをターミナルへ打ち、IPv6のRA Prefixを確認します。

tool traceroute 2001:4860:4860::8888

1行目が「1 2409:XXXX:XX:XXXX::fffe 0% 8 1.4ms …」の場合「2409:XXXX:XX:XXXX::/64」がRA Prefixとなります。

④InterfaceへIPv6アドレスの設定
以下のコマンドでフレッツ光が接続されているポートへにIPv6アドレスを割り当てます。
・ここではIPv6のアドレスを「2409:XXXX:XX:XXXX::10/64」とします。(「2409:XXXX:XX:XXXX::abcd/64」等でも可)
・インターフェイスは「interface=sfp1」としています。(ONUとルータをLANケーブルで接続している場合はether1等)

/ipv6 address
add address=2409:XXXX:XX:XXXX::10 interface=sfp1

⑤DS-Liteへ接続するための「ipipv6」設定
以下のコマンドで、ipipv6接続の設定を追加します。
add dscp=0 !keepalive local-address=2409:XXXX:XX:XXXX::10 name=ipipv6-tunnel remote-address=2404:8e00::feed:100

local-address…④で決めたIPv6アドレス
remote-address…以下を確認

NTT東日本エリア
2404:8e00::feed:100
2404:8e00::feed:101

NTT西日本エリア
2404:8e01::feed:100
2404:8e01::feed:101

⑥インターネットのルート設定
以下のコマンドで、DS-Liteからインターネットへ出ていくように、ルートの設定を行います。

/ip route
add distance=1 gateway=ipipv6-tunnel

■その他
・LANとフレッツ光が接続されているポート(ここではsfp1)は同一ブリッジに存在しないとインターネット接続は出来ません。
・本設定はファイヤーウォールについて、設定をしておりませんので、必ず設定をお願いします。

■今後
・現在、このDS-Lite設定では、IPv6アドレスが変更となった場合、接続が出来なくなりますので、Script等で自動変更できるように対応予定です。